歯のトラブル放置は良くない

歯が虫歯などで痛かったり抜けてしまったり、歯周病になっても歯医者にいかずにほっておいている人がいます。このような歯のトラブルは、歯の問題だけでなく体の不調につながる可能性もあるのです。また、ほっておくことで、どんどん症状が悪化していくため、最終的には結局治療をしなければならなくなります。

歯がもろくなってしまう原因

男性

歯の健康が損なわれている場合

歯の表面を覆っているエナメル質が、虫歯の酸により溶けてしまうことより、もろくなっていきます。また、野菜や果物や炭酸飲料などが、口の中の酸化を促すことにより、エナメル質を分解していくことによって歯をもろくしていくのです。歯の健康が損なわれることにより、歯がもろくなっていくので注意が必要です。

神経を取った場合

虫歯をほっておいたりすると、どんどん虫歯菌が繁殖していって最終的には歯科で神経を取らなければいけなくなります。神経を取った歯は、神経の空洞に流れていた血液が流れなくなります。その結果、歯に水分がいかなくなり、どんどんともろくなっていくのです。そのため、できるだけ神経を取ることなく治療をするのです。

歯ぎしりが強い場合

歯ぎしりは意識して行うものではないため、力を加減しては行われません。そのため、ものすごい力が歯にかかり、ダメージをあたえていくのです。また、睡眠中にも無意識で歯ぎしりを行う人がいますが、寝ているからといって加減して行われるわけではなく、やはりとても強い力がかかります。

噛みしめや食いしばりが強い場合

食べる時に噛みしめる力が強い人は、歯がもろくなりやすいのが特徴です。また、きつい運動習慣がある人なども、歯を食いしばることが多いため、歯がもろくなりやすいです。歯がもろくなることにより、食事などできちんと噛むことができなくなるため、いろいろな弊害かでてきます。

歯やあごに負担をかけた場合

日常生活のくせで、あごに手をかけてパソコンなどを操作したりすることで、あごや歯に負担をかけています。また、寝ながら本を読む時に、あごを下にして読んだりしてもあごや歯に負担をかけています。歯やあごに負担をかけることは、歯をもろくする原因の一つでもありますので、注意をしましょう。

歯は健康に関わる【歯のトラブルを解決してくれる歯医者】

診察室

歯を失ったら歯医者でインプラント治療を

虫歯や何かの衝撃などで歯を失った場合、歯科で行うことができるインプラントという人気の治療方法があります。歯医者で行うインプラント治療とは、無くなった歯の歯根のかわりにあごの骨に金属のインプラントを埋め込み、その上に人工の歯または義歯を取り付ける方法です。インプラントの治療をする前には、全身状態や口腔内の状態の検査をする必要があります。なぜなら、口の中がきれいな状態でないと、インプラントの治療によって歯肉に炎症をおこす可能性があるからです。